意外と悩んでいる人が多い!女性の薄毛

薄毛は男性だけの専売特許ではありません。女性が悩んでいることでもあるのです。特に女性の薄毛には、パーマ液や毛染め液に頭皮が負けてしまう場合や、閉経による女性ホルモンの低下などの要因が挙げられます。

薄毛によってファッションが似合わなくなる

いくつになってもおしゃれをしたいのが女心なのではないでしょうか?ヘアスタイルはファッションを決めるのにとても重要な役割を担っていますよね。しかし、薄毛のせいで髪型が限られてしまうと、自分の着たい服を100%おしゃれに着こなせません。例え無理に服だけ若々しく着飾ったとしても、頭が寂しいのでは余計に髪の毛が目立ってしまう悪循環に陥ってしまうことも。そんな時の解決策はそう多くはありません。今まで来ていた若々しい服を捨てて、薄毛を隠すような髪型に合わせた地味なファッションで生きていくのがその一つです。しかし、そんなのは絶対に嫌!という人は、脱毛症を治療する病院に相談に行くと良いでしょう。

顔立ちがふけて見える

薄毛は、特に中年以降の女性に増えてくる悩みです。歳をとると白髪が増えてくるので髪の毛を黒く染める人は多くいますが、かえってそれが頭皮の負担になってしまうなど、加齢からくる髪の変化が薄毛をさらに助長させることがあります。ただでさえ年齢を重ねれば女性ホルモンが低下して髪のボリュームが減っていくのに、毛染め液の強い刺激は薄毛進行への追い打ちをかける形になります。同じモデルでも髪型を変えるだけで別人のように雰囲気が変わることからも分かるように、髪型一つで顔の雰囲気はガラリと変わってしまうものです。薄毛の対策をしなければ、実年齢よりも老けて見られてしまうかもしれません。

ウィッグの前に出来ることとは?

女性の薄毛対策の最もポピュラーな方法はウィッグ(かつら)を使用する方法でしょう。様々な髪型にも対応できますし、カラーバリエーションも豊富にあります。しかし、ウィッグは根本的な解決にはならず、かえってそれが自分の髪の毛を引っ張るなどの負担を与えてしまい、更に薄毛が進行するケースがありえることを覚えておきましょう。薄毛の進行を食い止める近道は「薄毛は脱毛症という病気である」ことを自覚して病院へ行くことです。脱毛症を扱う病院では、きちんとしたお医者さんが医学研究の末に発見した方法で治療を行ってくれます。きちんとした理論に基づいた治療なので、きっと小さなストレスで大きな安心感を得られることでしょう。

こちらのコラムも人気です!