薄毛の予防・改善にはビタミン類を積極的に摂取!

薄毛予防に有効なビタミンについて

img_dummy01

ビタミンは、髪や頭皮の健康を維持していくためには大切な栄養素ですビタミンにはいろいろな種類があり、薄毛や抜け毛にいい効果をもたらすものも多数あります。薄毛予防に有効なビタミンの種類と、そのビタミンはどのような食べ物に多く含まれているのかご紹介しましょう。

ビタミンB2・B6

ビタミンB2・B6は、ビタミンの中でも特に薄毛に効果的だと言われています。これらのビタミンには、過剰な皮脂分泌を抑えてくれる働きがあるため、不足してしまうと頭皮が脂っぽくなり、毛穴の詰まりによる抜け毛や薄毛に繋がります。

日頃、頭皮に皮脂の詰まりやベタつきなどが気になる人は、これらのビタミンが不足している可能性があります。そのため、脂性肌の人は、これらのビタミンを積極的に摂るようにした方がいいでしょう。また、ビタミンB6には、薄毛に効果的と言われている亜鉛の働きを助ける役割もあります。

基本的にビタミンB群には、代謝を活発化させる働きがあり、頭皮にある毛母細胞の活性化が期待できます。ビタミンB群は、レバー、豚肉、大豆製品、卵、カツオ、マグロ、ウナギ、バナナなどに多く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCには、抗酸化作用があり、頭皮や毛母細胞の老化を防ぐ働きがあります。また、年齢と共に減少し、薄毛の原因にもなってしまうコラーゲンの生成にも関与しているため、髪の健康を維持していくためには必要不可欠なビタミンです。ビタミンCは、いちご、キウイ、柿、ブロッコリー、ほうれん草などに多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAには、細胞分裂を活性化させる働きがあります。そのため、髪の成長には欠かすことができない栄養素です。また、頭皮の乾燥を防ぐ働きもあるため、乾燥による頭皮トラブルやフケなどに悩んでいる人にも効果的です。ビタミンAは、鶏や豚のレバー、ウナギ、アナゴ、卵黄などに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEには、毛細血管を広げ、血流を良くする働きがあります。血流が良くなると、頭皮に髪に必要な栄養素が行き届きやすくなり、毛母細胞の働きが活発になります。ビタミンEは、アーモンド、植物油、カボチャ、タラコ、アボカドなどに多く含まれています。

ビタミンは野菜や果物、肉類などのさまざまな食品に含まれており、薄毛に効果的な働きをするものがたくさんあります。しかし、いくらビタミンが体に良いからといって、特定のビタミンばかりを多量に摂取するのはよくありません。

ビタミンはそれぞれ異なる働きがあるため、いろいろな種類のビタミンをバランスよく摂取することが大切です。とはいっても毎日の食事で全ての栄養を摂ることは難しいため、野菜、果物、魚、レバーなどを意識してバランスよく食べるようにしましょう。

AGAクリニックでの治療は早期に!

img_dummy01

薄毛や抜け毛の予防と改善のためには、日頃からビタミン類を多く含んだバランスの良い食事を心掛けることが大切です。しかし、食生活などに気を付けているにも関わらず、抜け毛が多くAGAが気になっている人は、AGAクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

カウンセリングの際には、治療にかかる費用や、使用する薬剤の効果、薬の副作用などについて詳しい説明を受けることができ、その後、実際に治療を始めるかどうかを決めることができます。AGAクリニックでは、日頃の頭皮ケアからシャンプーの仕方、食生活の改善など、生活習慣についての詳しいアドバイスなども受けることができます。

AGAは早期治療が効果的と言われており、薄毛や抜け毛が気になり出した場合は、すぐに治療を開始することが発毛や育毛に繋がるのです。

こちらのコラムも人気です!