薄毛で悩んでいる人は、どんなシャンプーを選ぶべき?

薄毛予防シャンプーの選び方

薄毛シャンプー

薄毛が気になり始めた人は、まずはシャンプーによる対策が真っ先に思い浮かぶでしょう。そんな時、どんなシャンプーを選べば良いのでしょうか?シャンプーと言ってもいろいろな成分のものが販売されています。育毛に効果的なシャンプーについて考えてみましょう。

硫酸系のシャンプーはNG

硫酸系シャンプーは高級アルコール系シャンプーとも言われて販売されていることがあります。その中には、ラウリル硫酸ナトリウムなどが主成分として入っています。ラウリル硫酸ナトリウムの中には、肌に刺激を与える138種類もの成分が配合されていて、これらの成分が入った硫酸系シャンプーの特徴としては、洗浄力がとても強くよく髪の汚れを落とすのにはとても優れている一方、頭皮の脂成分を分解する力がとても強いため、頭皮への刺激がとても強く、フケやかゆみの原因になってしまうことが多いのです。洗浄することに特化している分、保湿の効果などもあまり得ることができず、髪にとってはあまり優しくないシャンプーといえます。育毛を考えた場合は、硫酸系・アルコール系のシャンプーは避けるのが無難です。

弱酸性のものをチョイス

弱酸性のシャンプーは、頭皮に優しいシャンプーの代表格です。抜け毛が気になる人にはオススメのシャンプーといえます。人間の肌や頭皮は弱酸性です。それと同じ弱酸性のシャンプーを使えば頭皮に良さそうなのも容易に想像がつきます。アルカリ性のシャンプーは洗浄力が強い一方、頭皮と異なるアルカリ性のため刺激が強いと言われています。これに対する弱酸性のシャンプーは、洗浄力が少し弱い一方、頭皮と同じ成分なので、刺激が弱く頭皮に優しいのが特徴。かといって、髪の洗浄ができないほど洗浄力が弱いわけではなく、必要以上に汚れを落とさないのです。頭皮にとって不要な汚れはきちんと落としてくれますが、皮脂などの毛穴の奥の育毛にとって必要な脂成分は落とさないという程度です。皮脂を取りすぎると、頭皮が乾燥状態になってしまい、抜け毛へとつながります。

アミノ酸系がベスト

頭皮マッサージ

頭皮のことを考えるのであれば、弱酸性の中でもアミノ酸系のシャンプーを使うのが最も良い選択となりそうです。弱酸性のシャンプーは、人間の頭皮の性質と同じ弱酸性であることは既に紹介しました。人間の体の6割は水で構成されていますが、残りの4割の中の半分はタンパク質で構成されています。タンパク質はアミノ酸が結合してできたものなのです。つまり、アミノ酸系シャンプーは人間の体を構成している成分であるアミノ酸が主成分となっているため、体に優しいシャンプーなのです。価格は多少高価になってしまいますが、頭皮への刺激が少なく、数ヶ月もすると毛根が強くなってくるため、抜け毛が少なくなってきたなどの効果を実感できるかもしれません。

こちらのコラムも人気です!