薄毛は飲み薬で解消する?

薄毛が気になり早急になんとかしなければならないと焦り始めた人は、最近話題になり始めた薄毛治療の飲み薬などに興味がある人もいるでしょう。これらは、本当に効果があるのでしょうか?どのくらいで効果がで始めるのかもきになるところです。飲み薬についてちょっと確認してみましょう。

薄毛治療薬先発品、プロペシア

プロペシアとは、AGAの原因になる男性ホルモンの育成を抑制する効果があり、脱毛や薄毛を防ぐ効果があると言われています。2005年からジェネリック医薬品として日本国内でも販売されるようになりました。男性ホルモンは、血中のテストステロンに5アルファー還元酵素が働いて作られます。プロペシアは5アルファー還元酵素を阻害するため男性ホルモンの生成を抑える効果があるのです。男性ホルモンに働きかけを行う薬であるため、女性には効果はありません。多くの場合、プロペシアの効果は、抜け毛を防止することで現状を維持する程度のようです。髪の毛が増えるというケースはとてもまれであるというデータがあります。その効果は、薬を服用し始めてから約6カ月で実感できます。

より安価に手に入るファイザー

プロペシアをより安価に購入したいなら、後発でファイザーが開発したプロペシアのジェネリック医薬品である、”フィナステリド錠“という薬が有効です。プロペシアの特許に抵触することなく、同様の効果を実現したことで、安い価格を実現しています。フィナステリド錠も5アルファー還元酵素の活動を阻害して、男性ホルモンに働きかけるタイプの薬です。そのため、こちらに関しても女性には効果がありません。この薬は、もともと良性前立腺肥大の治療や緩和のための薬として、アメリカで、”プロスカー”という名前で販売されていましたが、抜け毛や薄毛の治療に効果があることが発見され、AGA治療薬としてアメリカでは1997年から販売され始めたのです。その効果は、やはり、抜け毛の防止が期待でき、効果は6カ月程度で実感できます。

処方を希望するならAGA専門医に

今回紹介した薬を入手するためには、AGA専門医による処方が必要です。また、プロペシアもフィナステリド錠も極めて副作用が少ない安全な薬ではありますが、国内の臨床実験の結果では、服用者の5%程度の人が、胃に不愉快な感じを覚え、性欲の減退などの副作用を経験しています。副作用を避けて安全に服用するためには、しっかりと専門医の診断を受けて、専門医の指導に基づく服用量と、服用するタイミングを守る必要があります。また、この薬は、日本国内では一般の薬局では販売されていません。扱っているのは、AGA専門医のみなのです。薄毛で悩んでいて、この薬に少しでも興味があれば、AGA専門医のもとに気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

こちらのコラムも人気です!