薄毛を治したい!治療法を選ぶ際のポイント

薄毛に悩む人にとって、どのような治療法がいいのか迷うこともありますね。また、施術の手軽さや、どれくらい効果が期待できるかも知りたいところです。ここでは、薄毛の治療法を選ぶ際のポイントについてまとめました。

AGA治療と植毛治療

薄毛の治療を実感するためには、「AGA治療専門のクリニック」(AGA病院)がお勧めです。

このような病院では「男性型脱毛症ガイドライン」に基づいた医学的根拠のある治療法を実施しています。また、プロペシアやミノキシジルを処方して髪の毛や頭皮を治療するだけでなく、精神的なサポートにも力を入れているのが一般的です。なお、治療法には、上記2種類のAGA治療薬を頭皮の皮膚下に注入する「育毛メソセラピー」もあります。

さらに、AGA治療法の1つとして植毛治療も注目されています。こちらの治療には自分の毛を移植する自毛植毛があり、拒絶反応が起こらないメリットがあります。手術方法は「FUT法」「FUE法」「ニードル法」などから選ぶことが可能です。なお、ナイロンやポリエステルなどを使った人工毛植毛もありますが、あまりお勧めできないといわれています。

施術の手軽さ

薄毛の治療法を選ぶときは、施術の手軽さも大きな課題になります。たとえば、スカルプシャンプーや育毛剤、サプリメントなどを使用する方法があり、自分でできることが大きなメリットです。また、体質改善する方法も注目されています。しかし、薄毛治療の効果を実感するには、AGA病院を受診するほうがいいでしょう。

AGA病院の治療法のうち、施術の手軽さで選ぶとプロペシアの内服になります。こちらの薬の服用から始めて、様子を見ながらミノキシジルを追加するところもあります。

また、植毛治療をする場合、施術の手軽さにこだわるなら「FUE法」がお勧めです。こちらの治療法の大きな特徴は皮膚を切らなくてもいいことです。そのため、傷口を縫合する必要がなく、身体への負担が少ないことや傷跡が残らないなどのメリットが注目されています。

期待できる効果の大きさ

先ほども少し触れましたが、治療効果を期待するためにはAGA病院の受診をお勧めします。具体的な治療法として、プロペシアやミノキシジルの服用が知られています。また、より大きな効果を実感するためには、それらのAGA治療薬を直接頭皮の皮膚下に注入する「育毛メソセラピー」がお勧めです。

また、植毛治療を行うときは自毛植毛が理想的です。自分自身の毛髪をドナーとして使うので、拒絶反応が起こらないだけでなく、定着率が高いことが大きなメリットです。これは、毛包単位で移植を行う「FUT法」「FUE法」のどちらでも期待できます。

これら2つの治療法の大きな違いは、皮膚にメスを入れるかどうかです。メスに抵抗を感じる人には、「FUE法」のほうがいいかもしれませんね。なお、「FUE法」ではドナーの採取に専用の機械を導入している病院もあり、効率の良さでも重宝されています。

こちらのコラムも人気です!