ミノキシジルのAGA対策、その効果について

進行したAGAに効果のあるミノキシジル

img_dummy01

ミノキシジルで得られる血行促進効果

AGA治療薬としてクリニックで用いられているミノキシジルは、元々育毛剤としてではなく高血圧治療薬として処方されていた薬でした。血圧を下げるために服用していた人の中に髪の毛や体毛増加の副作用が見られたため、改めて育毛効果のある薬として研究が進められていくことになったのです。

そんなミノキシジルは育毛剤として使用することで頭皮の血行を促進する作用があり、髪の毛を生えやすくするために必要な栄養を行き渡らせやすくさせ、頭皮環境を改善させることができます。

AGAの原因とミノキシジルの作用

AGAというのは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンというものに変化し、そのジヒドロテストステロンが脱毛の指令を出してしまうことで起こってしまいます。

ジヒドロテストステロンによって薄毛になってしまった部分は血管収縮し、頭皮が冷たく硬くなってしまっているため、ミノキシジルを使用することで血管の拡張をさせて状態を改善させることができるのです。

脱毛スイッチの入ってしまっている毛根は、髪の毛を育てるための栄養補給が停止してしまっているので、必然的に栄養を送り届けるための血管も収縮して血行が悪くなってしまっています。ミノキシジルの血行促進作用で、その状態を回復していくことが可能になるのです。

ミノキシジルの使用方法

ミノキシジルは

・塗布

・タブレット

・注射

で使用することが可能ですが、日本国内ではタブレットを処方しているクリニックはあまりありません。元々抗血圧薬として使われてたミノキシジルにはむくみや多毛、頭痛やだるさなどの副作用が表れることがあり、塗布でゆっくりと皮膚に浸透していくよりも服用でダイレクトに身体の中から作用させるとその危険性が高まるためでもあります。

なお、注射の場合は塗布よりも効果が高くなり、薄毛の気になる部分にピンポイントで作用させることができ、なおかつ副作用の心配も減ることでメリットが大きくなりますが、かわりに治療費用が高くなってしまうというデメリットがあります。

どの方法にしろ継続的な治療が必要になってきますので、費用面を含めて使用方法を考えていく必要があります。

フィナステリドとの併用について

img_dummy01

頭皮全体の薄毛対策が可能

ミノキシジルと同じくAGA治療薬として認められているフィナステリドとの併用が、薄毛対策には非常に有効だとされています。現在進行形で進んでいる薄毛に対して効果的なミノキシジルに対し、今後薄毛になることを食い止められるのがフィナステリドだと考えて差し支えありません。

ミノキシジルは頭皮環境を改善して髪の毛を生えやすい状態へと再生させることができますが、しかし新たに脱毛してしまうことを食い止めることはできません。

そこで、頭皮環境の改善には向きませんが、テストステロンと結びつくことで悪さをする5αリダクターゼの働きを阻害することが可能なフィナステリドを使うことで薄毛が広がってしまうことを阻止し、お互いの働きをサポートすることが可能になるのです。

自分に合った使用方法を見つける

ミノキシジルもフィナステリドも医薬品指定されていて効果の高い育毛剤で、AGA対策には非常に有効ですが、副作用もあることも忘れてはいけません。製品によって配合量が変わってきますから、自分の体質にあった使用量で使い続け対策をしていくことが大切です。

別のアプローチから薄毛に働きかけられることで併用を推奨しているクリニックは少なくありませんので、医師の相談の下で効果的な使用方法を考えていくといいでしょう。

こちらのコラムも人気です!