男性ホルモンとハゲの関係まとめ

男性ホルモンの種類はいろいろ

img_dummy01

男性ホルモンの分泌が多い人ほどハゲになりやすいと言われています。男性にとっては不可欠な男性ホルモンではあるものの、有難くない作用をもたらす場合があるのです。

男性ホルモンと一言で言ってもアンドロゲンやテストステロン、ジヒドロテストステロン、アンドロステロンなどいろいろな種類があります。全ての男性ホルモンがハゲに関係あると言うわけでは無いです。

ハゲに影響を及ぼす男性ホルモンの種類

睾丸で作られるテストステロンは男性ホルモンの中でも最も分泌量が多いです。このテストステロンの分泌により男性らしい体が形成されます。男性の性欲や性機能の維持にも役立っています。外観だけでは無く精神的な男らしさにも関係していると言われています。

なぜテストステロンがハゲに関係があるのかその理由は脱毛作用のある男性ホルモンへと変化する事があるからです。テストステロンは毛乳頭に含まれる5αリダクターゼ2型と言う還元酵素と結びつくとジヒドロテストステロンと言う男性ホルモンの一つに変化します。

毛乳頭には男性ホルモン受容体がありジヒドロテストステロンがこの部分に結びつくと毛周期の成長期が短くなります。成長期が短くなると髪の毛の成長が悪くなり次第に薄毛が広がっていきます。つまりテストステロンから変化したジヒドロテストステロンがハゲに重大な影響を及ぼしているのです。この男性ホルモンによるハゲをAGA男性型脱毛症と言います。

ハゲやすい場所は

5αリダクターゼ2型や男性ホルモン受容体は額の生え際や頭頂部の毛乳頭に多いと言う特徴があります。そのため額の生え際や頭頂部がハゲやすいです。額の生え際から髪の毛が後退しM字型のハゲに、頭頂部から薄毛が広がりO字型のハゲに、額の生え際から後退し頭頂部のハゲと繋がりU字型のハゲになると人によって症状が異なります。

そのまま放置すると少しずつハゲが進行し、最終的には側頭部や後頭部の髪の毛以外はハゲ上がってしまう事があります。

男性ホルモンによるハゲに有効な育毛剤や治療薬がある

img_dummy01

ハゲに有効な育毛剤は

育毛剤は植物由来の成分が殆どと言う特徴があります。中にはオウゴンエキスやヒオウギエキス、ノコギリヤシエキスと言った成分を配合する育毛剤があります。これらの成分配合の育毛剤は男性ホルモンによるハゲにも有効です。オウゴンエキスやヒオウギエキスは塗る育毛剤に、ノコギリヤシエキスは飲む育毛剤に配合しています。

ハゲに有効な治療薬は

男性ホルモンによるハゲに有効なのがプロペシアと言うAGA治療薬です。プロペシアの主成分、フィナステリドには5αリダクターゼ2型の作用を阻害し、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンの分泌を抑える効果があります。ジヒドロテストステロンの分泌が少なくなればハゲも予防できると言うわけです。

一般病院やAGAクリニックに来院するとプロペシアによる治療が受けられます。性欲減退や精液量減少など副作用が起こる可能性があるため医師の指示に従って服用する事が大切です。プロペシアの処方は1か月単位となっており、費用はプロペシア1か月分で7500円くらいとなっています。

いつまで続けないといけないのか

育毛剤や治療薬でハゲの症状が治まっても、元々の原因となっているテストステロンの分泌は続いています。このため育毛剤や治療薬の使用を中止するとまた男性ホルモンによるハゲの症状が始まります。治ったからと言ってすぐに止めないほうが良いです。しかし続けている間は費用が掛かってしまいます。

そんなに長期間続けるだけの余裕が無いと言う人は若いうちだけハゲを抑え、年を重ねたらそれ以降は使用を中止すれば永久に費用を負担せずに済みます。男性ホルモンによるハゲは早めに始めるほど早めに治ります。そのため抜け毛が気になり始めたらすぐに育毛対策を行ったほうが良いです。

こちらのコラムも人気です!