受ける前に知っておきたい!AGA治療に保険は使えるのか

AGA治療を受けたいと考えている人にとって、費用負担がどのぐらいになるのかは心配事の一つでしょう。特に、公的医療保険が適用されるのかどうかは少なくとも知っておきたいところです。そこで、AGA治療の保険適用、自由診療と保険診療の違いなどについてご紹介します。

AGA治療に保険は使える?

AGA治療に公的な医療保険の適用はあるのでしょうか?結論からいうと、残念ながら適用外です。厚生労働省で適用すると決められている治療方法にAGA治療は含まれていません。AGA治療は、美容整形などと同じ扱いになっていて適用外です。適用されない理由としては、薄毛治療は命に関わるものではないと考えられているからでしょう。
そのため、AGA治療を受ける場合は、自由診療扱いになり、治療費は全額自己負担する覚悟が必要です。また、一か月あたりの医療費が高額になった場合の高額療養費制度も保険適用の治療だけが対象となるものですので、利用できません。薄毛が精神的な病気を引き起こしているケースなどの場合は、所得税の申告時に医療費控除が使えるケースはあります。

自由診療と保険診療の違い

AGA治療は保険適用の診療ではなく自由診療となりますが、そもそも自由診療と保険診療にはどんな違いがあるのでしょう?保険診療は、公的な医療保険が適用されるもので、国民が安い治療費で等しく治療を受けられるように導入された医療制度の重要なポイントです。社会保険であるため、被保険者は保険料の自己負担を求められます。会社員であれば給料から健康保険料が天引きされ、自営業等であれば国民健康保険料を納付することになっています。そうして集められたお金に税金を足して医療費支払い用の資金がプールされ、治療代の3割など年齢によって決められた自己負担分以外の治療費等の支払いに充てられる仕組みになっています。自由診療はこの対象外ですので、治療代等の全額を自己負担することになります。

自由診療でも病院によって価格は変わる

保険診療の場合は、厚生労働省が治療ごとに診療報酬を定めています。そのため、保険がきく治療を受けた場合は、同じ病気の治療であれば誰が治療を受けても自己負担額は同じになる仕組みがとられています。一方、自由診療の場合は、そういった事前に定められた診療報酬の規定はありません。その結果、同じ治療法でも病院によって治療代が変わってくることがあるのです。AGA治療をする場合は、専門の治療が受けられるかどうかや優秀なドクターがいるかといった点だけでなく、治療費の違いにも注目して病院を選択することが必要でしょう。

こちらのコラムも人気です!