AGA専門病院、治療にかかる料金はどのくらい?

薄毛の治療を本気で考え始めた人は、薄毛の専門病院に行ってみることを考えるでしょう。そのときに最も気になるのが治療費ではないでしょうか?もし、保険適用にならない場合なども考慮すると治療費もかさみそうです。治療費の実情はどのくらいなのか確認してみましょう。

原因や治療によりかかる料金は人それぞれ

専門医に治療をお願いするときに最初にカウンセリングと、各種検査が行われます。検査は血液検査なども行い詳細な判定が行われるので、薄毛の原因もハッキリと分かるのです。主な要因としては、“過剰な男性ホルモンの分泌”、“バランスの悪い食生活”、“ストレス”、“不適切な頭皮のメンテナンス”、“紫外線の影響”、“喫煙やアルコールなどの嗜好品による影響”、“寝不足や不規則な生活”などがあげられます。要因を見ればだいたい想像はつくかもしれませんが、食生活や嗜好品、喫煙やアルコールなどが要因となっているようであれば、生活習慣の見直しをすることが根本治療になります。不適切な頭皮のメンテナンスが要因であれば、使用するシャンプーの見直しなど、意外と身近なことで改善が見られるでしょう。しかし、男性ホルモンの分泌に問題があると、ジェネリック医薬品などの薬に頼る必要があります。このように、原因により治療にかかる料金は人それぞれなのです。

初回の料金の目安は1万円程度

AGA専門医にとりあえず行ってみるとして、初回はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?最初にどのくらいのお金を持っていけばいいのか分からなければ、思い切って専門医の門を叩くのも勇気がいるはずです。AGA専門医のおおよその初回の料金は、初診料がおよそ5,000円程度かかるようです。また、既に紹介したように、専門医の場合は詳細な検査を行います。その検査に、およそ5,000円程度かかります。検査費用が少々高めな気がするかもしれませんが、専門医の場合血液を採取してホルモン検査を行うため、高額になっているのです。しかし、あくまでも希望をした場合ですが、AGAリスク遺伝子検査や、アンドロゲンレセプター遺伝子検査、ミネラル検査などを行うと、別途、10,000円から、20,000円ほどかかります。

1ヶ月に1万5000円から3万円程度はかかることを覚えておこう

AGA治療は、保険適用がありません。そのため、少し高額になってしまうのが現状です。特に、よく使用される飲み薬のプロペシアやフィナステリドなどの薬剤や、塗り薬であるミノキシジル、頭皮に注射を打つ方法なども保険適用外となるため、高額になってしまいます。診察料と、薬剤料金を合わせると、月におよそ1万5,000円程度はかかりそうです。また、頭皮に注射などを打つとなると技術料も入りますので、3万円程度かかることもあります。また、AGA治療は長期戦になることも覚えておいたほうが良さそうです。どんなに早くても、効果を実感できるまでは半年程度はかかると言われていて、多くの方は1年間くらい通院することになります。しかし、aga治療は高い効果が期待できるため、まずはカウンセリングを受けてみるのが大切ではないでしょうか。

こちらのコラムも人気です!