薄毛に悩むあなたに朗報!日常でできる育毛法とは?

髪の毛が薄くなりだしたら、この先どうなるのか心配になりますよね。でも、大丈夫!ちょっとした心掛けで薄毛の改善は不可能ではありません。ここでは、薄毛に悩むあなたにお勧めしたい、日常でできる育毛法についてまとめました。

第一関門、禁煙は必須!


薄毛を改善するためには喫煙生活を見直しましょう。禁煙スペースが増えるにつれて、愛煙家の肩身はどんどん狭くなっています。しかし、結論からいうとタバコは百害あって一利なしです。思い切って禁煙に踏み切りましょう。
タバコを口にすると頭が少しクラクラした感じになります。このような症状が起きるのは、タバコに含まれるニコチンに血管の収縮を促す作用があるからです。そのため、血圧が上昇して、前述した不快な症状が現れるのです。
日常的にタバコを吸っている人は慣れているかもしれませんね。しかし、血管が収縮すると血流が悪くなり、育毛に必要な毛母細胞にまで栄養が届きにくくなります。その結果、薄毛につながることを知っておきましょう。
なお、ストレス解消のためにタバコを吸う人も少なくありません。ストレスの蓄積も薄毛の原因ですので、適度な運動をしたりして気分転換するといいですね。

シャワーで済ませずお風呂につかる習慣を

シャワーが普及して久しくなりますが、その便利さからお風呂につからずに済ませる人もいますね。汗を流したいときにシャワーはいいかもしれませんが、体を温めることはできません。やはり、健康のためにもしっかりお風呂につかる習慣付けをしましょう。
お風呂につかるときは、ぬるめのお湯にして、じっくりと体を温めることが大きなポイントです。入浴は1日の疲れが癒せる夜間がお勧めです。入浴タイムをリラックスした気分で過ごすことで新陳代謝を活発にします。その結果、血流がよくなり頭皮まで栄養素が届きやすくなるのです。
また、お風呂につかると汗がでてきますね。それによって浮き出た毛根の汚れをシャンプーでスッキリできます。このように清潔な頭皮環境が整うと育毛にもつながります。

夏でも冬でも頭皮への強い紫外線は避けること

薄毛を改善して育毛を促すためには、頭皮への強い紫外線を避けることも大切です。紫外線によるダメージは年間を通じて強く、冬場も例外ではありません。また、夏に受けたダメージから、秋口に抜け毛が増えるといわれます。
強い紫外線を受けることで、髪の毛の主成分たんぱく質を構成するアミノ酸の結合が乱れてしまいます。また、炎症や湿疹などが頭皮に現れて薄毛の原因にもつながるのです。それらの症状を防ぐためには、帽子や日傘でカバーすることが理想的です。帽子は通気性のいい素材を選び、被りっぱなしにしないことがポイントになります。
なお、冬場は空気の乾燥によって頭皮の水分が奪われます。また、髪の毛を覆うキューティクルが剥がれやすくなり、切れ毛や抜け毛から薄毛にもつながります。それを防ぐためには、頭皮に優しいシャンプーや静電気が起きないブラシを使いましょう。”

こちらのコラムも人気です!