病院での薄毛治療、費用はいくらくらい?

薄毛を克服したい!と一念発起、専門医のドアを叩こうと思っている人にとって“治療費”はどうしても気がかりですよね。先立つものがなくては継続できないかもしれないし、そうなると十分な効果が得られるのか…と不安になってしまうかもしれません。そこで今回は、薄毛治療にかかる費用に関してご紹介します。

初回のカウンセリングは無料の場合も

そもそも、病院で治療を必要とする薄毛なのかどうかを見極める必要があります。毛髪を弱らせる原因は様々にあり、中には生活習慣の改善が薄毛対策に繋がることもあるからです。しかし一方で男性ホルモンの影響によるAGA(=男性型脱毛症)などは専門の治療が必要であり、自分でできることは限りがあります。
自分の薄毛の原因を突きとめ、適切な治療を行うためにもまずは専門医のカウンセリングが必要になります。薄毛治療は一般の病院(皮膚科など)でもできるところはありますが、AGA専門の病院も増えています。専門病院の場合、最初のカウンセリングは無料で行っているところも多く、その中で今後の治療の内容やその費用の説明がされるので不安をそこで解消することが可能です。

初診、そして検査でおよそ1万円

カウンセリングを終え、いざ治療を始める!となると引き続き初診が行われます。初診では事前に記入した問診票を基に食生活や生活習慣、ストレスの状態を確認し、視診・触診で頭皮の状態と身体全体の健康状態を確認します。経過観察のために頭部の写真撮影も行われ、これも合わせて初診料は5,000円ほどが目安です。
また体内の状態を正確に把握するため、血液検査や血圧測定、ホルモン検査も行われます。AGAの治療を行う場合、プロペシアと呼ばれる薬が処方されることが一般的なのですが、これは肝機能に障害があると使用ができないため、検査ではそういった薬との相性も調べられます。検査料は5,000円ほどで、初診料と合わせ最初の来院では1万円前後の費用が必要になるケースが多くあります。

治療内容で差が出る!

検査を終え治療が始まると月1回のペースで治療が行われます。再診料は5,000円前後ですが、それに加え処方される薬によって費用が異なるので人によって幅が出てきます。それぞれの相場を見ていきましょう。
・飲み薬:一般によく使われるのは「プロペシア」という薬で、これは1ヶ月分で7,000~1万円ほどです。後発のジェネリック薬も出ているので、その場合には約2,000円以下で購入可能です。
・塗り薬:塗り薬には「ミノキシジル」という成分が配合された塗布薬がよく使われ、これは1ヶ月分7,000~8,000円です。
この他にも発毛に有効な成分を含む発毛注射という治療もあり、これは1回3万~4万円が相場です。自身がどういう治療を選択するか、それによって薄毛治療の費用は変わってきますから、担当医とよく相談することが重要ですね。

こちらのコラムも人気です!