悩む前にチェック!薄毛になりやすい人の特徴とは?

薄毛であることを悩んでいる人は沢山います。また、自分が将来薄毛になることを心配している人も多いでしょう。薄毛になる人と薄毛にならない人の違いは何でしょうか。
今回は、薄毛になりやすい人の特徴を紹介します。

母方の血筋に薄毛の人がいる

自分の薄毛は父親からの遺伝だと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。確かに、遺伝は薄毛の原因の一つです。しかし、薄毛は父親ではなく、母親からの遺伝の影響が強いのです。
薄毛の人の血液を調べると、多くの場合、X染色体の男性ホルモン受容体遺伝子に変異が見られます。X染色体は母親から遺伝するため、遺伝による薄毛は母方の血筋に原因があると考えられるのです。必ず遺伝するとは限りませんが、母方の血筋に薄毛の人が多い場合は薄毛になる可能性が高いといえるでしょう。
遺伝が原因であるかどうかを見極めるのは難しいため、気になる場合はAGAの病院に行くのがオススメです。もしAGAであることが分かった場合、治療を受けることを検討すると良いでしょう。

タバコやアルコール摂取が日常化

タバコやアルコールの摂取が習慣になっている人も薄毛になりやすいです。
タバコに含まれるニコチンには、交感神経を活性化する働きがあります。交感神経の働きが強くなると、毛細血管の収縮が起こりやすくなります。そのような状態になると、十分な血液が流れなくなり、頭皮まで栄養が巡らなくなるのです。そのため、日常的にタバコを摂取していると慢性的に頭皮の栄養が足りない状態になり、薄毛になりやすくなってしまいます。
アルコールを摂取すると、体内のアセトアルデヒドが多くなります。アセトアルデヒドは、肝臓がアルコールを分解する際に発生する有毒な成分です。このアセトアルデヒドの作用によって、薄毛の原因になる物質が体内で増えてしまうのです。日常的にアルコールを摂取しているとアセトアルデヒドが常に発生している状態になるので注意が必要です。

パーマやブリーチを何度も行っている

パーマやブリーチを頻繁に行っていると、薄毛になりやすくなってしまいます。パーマ液やブリーチ剤には髪のキューティクルを破壊する働きがあります。その働きによって髪に型を付けたり、カラーを浸透させたりするのです。キューティクルを破壊する成分は、頭皮に対してもダメージを与えます。
そのため、通常は頭皮にパーマ液やブリーチ剤が付着しないように作業しますが、完全に付着を防ぐのは困難です。付着すると頭皮の表面にダメージを与えるだけでなく、毛穴から内部に浸透し、毛根に悪影響を及ぼすこともあります。回数が少なければ、それほど影響はありませんが、何度も行っていると薄毛になりやすくなります。薄毛が心配な場合は、パーマやブリーチの回数を控えた方が良いでしょう。”

こちらのコラムも人気です!