薄毛で悩む人必見!髪の毛に効果的な栄養とは

薄毛の原因には、食生活が関係している場合があることをご存じだったでしょうか。実は、健康な髪の毛を生成するためには、欠かせない栄養素があるのです。今回はその中でも、髪の毛の三大栄養素と言われるものをご紹介しましょう。

髪の毛に最も大切な栄養素!良質のたんぱく質を取り入れて!

髪の毛の三大栄養素のなかでも最も重要なのが、タンパク質です。タンパク質は髪の毛の原材料だからです。髪の毛の生成時にはアミノ酸が必要ですが、タンパク質がアミノ酸の原料となります。そのタンパク質には、肉や魚、卵に含まれている動物性タンパク質と、大豆などの豆類に含まれている植物性タンパク質とがあります。両方をバランスよく取り入れることが必要ですが、動物性タンパク質を摂取しすぎると血流が悪くなったり、血液の質が低下したりする恐れがあることも覚えておきましょう。血液機能の低下は薄毛につながりますから、どちらかといえば植物性タンパク質を積極的に取り入れたほうが良いかもしれませんね。

頭皮環境を整えるビタミン群を積極的に!

髪の毛のために取り入れたい栄養素にはビタミン群があります。例えば、ビタミンB2やビタミンB6には、細胞の代謝を促進する働きがあります。こうしたビタミンは、毛母細胞の分裂を活性化させ、健康な髪の毛の育成につながります。また、頭皮の皮脂を正常に分泌するのを助け、乾燥などから頭皮を守ります。ビタミンは食事から摂取できるもので、ビタミンB2がたくさん含まれる食品の中には、レバーや、卵、青魚や大豆、乳製品などがあります。また、ビタミンB6は肉類やサケ、マグロなどの魚類、ナッツやバナナを取ることで摂取できますよ。積極的にこうした食材を日頃から取り入れたいですね。

亜鉛不足は薄毛につながる!

そうしたビタミンの吸収効率を上げてくれる大切な役割を担うのが亜鉛です。また、亜鉛は、たんぱく質を髪の毛へと合成する際にも必要な栄養素です。亜鉛が不足すると、たんぱく質をいくら摂取しても髪の毛にならず、抜け毛や薄毛、白髪などいろいろなダメージの原因になってしまいます。ただ、亜鉛を含む食材は少ないため、健康な髪の毛を作る栄養素の中でも不足しがちなものです。亜鉛を含む代表的な食材には、牡蠣などの貝類、魚介類や肉類、チーズなどがあります。健康な髪の毛を作る上でストレスや飲酒、疲労は悪影響ですが、亜鉛をたくさん補ってあげることでリセットすることもできますよ。食べ物でなかなか亜鉛が取れないという人は、亜鉛サプリを利用するのも良いかもしれませんね。このように、食生活で頭皮環境を改善することもできますが、薄毛の進行がかなり気になる場合には早めに薄毛対策の治療を病院で行うこともオススメです。

こちらのコラムも人気です!