躊躇している間に予約すべし!薄毛外来

髪の毛が薄くなったかなと感じても、どのような治療を行うのかわからないという不安や、自分の薄毛の治療の必要性がわかりかねるといった理由から、病院へ行くことを躊躇してしまっている人も少なくないかもしれません。そこで、初めて治療をするという人に、薄毛外来での基本的な治療の流れをご紹介します。

まずは行ってみよう!カウンセリングを無料で行っている病院もあります

薄毛の症状は、人によってさまざまです。10代や20代という若いうちから発症する場合もあれば、中高年や高齢になってから症状が出る場合もあります。また、症状の進行具合や、どのような薄毛のスタイルなのかといった具体的なことに至れば、ますます個々人により差が出ます。このため、薄毛の治療の場合、一人ひとりに合った治療がとても大切です。自分の現状を知るためにも、まずは、専門家のいる病院へ行き、カウセリングを受けると良いでしょう。多くの場合、事前の予約が必要ですが、予約をしておくことで、じっくりと、安心して髪の悩みの相談を行うことも可能です。カウセリングは多くの病院で、無料で行われているため、薄毛ではないか不安に思っている人も、一度相談をしてみると良いでしょう。

病院で最初に行うのは原因の調査

カウセリング後、実際に治療に取り掛かりたいと思ったら、まずは病院で検査を受けることが必要となります。一人ひとりの症状や体調に合った治療を行うために、原因を調べることが目的です。薄毛の原因には様々なものがありますが、その一つに遺伝があります。栄養のバランスが悪いことが原因で、ホルモンに異常が生じ、頭髪が薄くなってしまうというケースもあります。このような薄毛の原因と考えられる遺伝や栄養状態、治療に向けての体調などを調べるために血液検査を行います。病院によっては綿棒を使って口の中の粘膜を取り検査するところもあります。およそ1週間から2週間で検査結果が出て、その結果に合わせた治療が開始されます。

治療がスタート!具体的にどんなことをするの?

薄毛の治療には様々な方法がありますが、まずは生活習慣のカウセリングを行います。再びカウンセリングかと思われるかもしれませんが、特に若年性の場合には薄毛の原因として考えられる生活習慣の改善が、治療に繋がるケースもあるためです。毛髪の生え変わりのリズムを正常にするために、十分な睡眠をとるように生活スタイルを変えたり、毛穴を塞いでしまう頭皮の脂分の予防に動物性脂肪を多く含む食品の過剰な摂取を控えるような食生活に変えたり、ホルモンバランスを乱すようなストレスを少しでも抑えるためにストレス解消法を見つけるなど、様々な手段を検討して改善を試みます。治療方法では薬を使用するケースが多くあります。プロベシアという薬の服用を行うことで、薄毛の進行を遅らせる治療方法です。1人で悩まずに薄毛外来のある専門の病院や、薄毛治療に詳しい医師に相談して自分に合った治療法を見つけて毛髪の改善を目指すと良いでしょう。

こちらのコラムも人気です!