もしかして、これって薄毛?チェックポイント

男性や女性を問わず、髪の毛の悩みは尽きないものですね。薄毛で悩んでいるという人も多いですが、薄毛の兆候にはどんなものがあるのでしょうか。頭皮に変化が現れやすいですが、髪の毛を観察することによっても早めに気づくことができます。

髪をよく観察することで早く対策を!ハリやコシをチェック!

「もしかしたら自分も薄毛かもしれない」と心配になったなら、まず自分の髪の毛をよく観察してみるとよいでしょう。意識してみてみると、以前と比べて変化している部分に気づくかもしれません。例えば、少し前と比べて髪の毛にハリがないと感じることはありませんか?ハリとは弾力性を意味しますが、健康的な髪の毛は、細いか太いか、縮れているかストレートかといった髪質に関係なく、ハリやコシがあるものです。一方、ハリやコシがなくなってくると、髪の毛がぺたんこになり、なかなか元に戻らなくなります。これは、髪の毛がうまく成長できていないことが原因で、これから薄毛が進行していくサインであることが多いのです。

多量の髪が抜けるのは薄毛のサインかも!

シャンプーしたり、髪の毛を梳かしたりするたびに大量の髪の毛が抜けると、誰でも不安になるものですよね。でも、抜け毛をきちんとチェックすることで、自然なサイクルによって抜けたものか、薄毛につながる抜け毛なのかを判断できます。例えば、抜けた毛根が歪んでいたり、細いもの、色が白く濁っていたりしているものなどは、異常な抜け毛であることが多いです。また、毛先が細く弱々しいものは、成長できずに早く抜けてしまったケースが多く、健康な髪が育っていないことの証拠と言えるでしょう。そうした不自然な抜け毛を放置しておくと、薄毛が進行してしまう可能性が高まります。

最近、髪の毛の1本1本が細くなった気がするあなたは要注意!

髪の毛が最近どうも細くなってきたと感じたら、薄毛が進行していることのサインかもしれません。日本人の髪の毛の太さは約0.08ミリといわれています。個人差もありますが、こうした数値や、以前の自分自身の髪の毛と比べて明らかに細いと感じるなら、薄毛の初期症状と考えて良いでしょう。ヘアサイクルに乱れが生じ、まだまだ成長段階の髪の毛が太くならずに抜けてしまうために細い髪の毛が増えていくというメカニズムです。これらの薄毛につながる症状は、放っておくとどんどん進行してしまいます。症状がたくさん当てはまると思った人は、早めに薄毛治療に効果的な病院を利用して、原因を見極め、正しい対策方法を探すようにしたいものですね。

こちらのコラムも人気です!