薄毛は遺伝?環境によるもの?

一般的に薄毛と呼ばれる脱毛症は中年以降の男性特有の悩みではなく、若い人にも十分に起こりうる病気の一種です。薄毛には遺伝と環境の二つの大きな要因があります。薄毛の原因を徹底研究して対策を練りましょう!


遺伝の影響は残念ながら大!

もしも自分の髪の毛が同年代より薄いな…と感じたら、友人達に「どんなシャンプーを使っているの?」と聞く前に、家族の頭を見渡してみてください。お父さんやお祖父さんの頭もまた薄いと思いませんか?実は脱毛症に於いて遺伝的な要因は、かなり大きなウエイトを占めているのです。曽祖父や高祖父の写真が残っていたら、是非とも彼らの頭も確認しましょう。その結果もし皆が薄毛だったら…自分の運命として薄毛を受け入れましょう。しかし!最後まで希望を捨ててはいけません。病院へ行って治療するという最後の手段は残っているのです。医学の進歩に感謝ですね!物語の主人公のように、運命は自分で変えられるのです。

特に影響が大きいのは母親方の血筋

父親の頭はフサフサなのに、自分は若ハゲだった場合「もしかして自分はお父さんの子供ではないのではないか…」と余計な悩みにとらわれる必要は全くありません!脱毛症の遺伝は父親方ではなく、母親方からの影響の方が強いのです。つまり、注目すべきはお母さんのお父さんの髪の毛事情です。お母さんがフサフサだからといって騙されてはいけません。今はまだ良いかもしれませんが、お母さんも歳をとれば薄くなる可能性は大いにあります。それに女性ホルモンが影響しているため女性の方が薄毛になりにくいというだけで、女性だって脱毛症に悩まされている人は多くいます。男性だけではなく、女性も病院へ行って適切な治療をすれば、薄毛の悩みを軽減できます。

ただし努力で薄毛の進行を食い止めることはできる!

薄毛の進行を食い止める努力とは、すなわち病院で行う治療のことです。例えば病気になった時、自分の判断で勝手に薬を飲めば悪化させてしまうことがあります。そんな時に「早めに病院にかかっていれば…」と後悔しても後の祭り。薄毛も脱毛症という立派な病気なので、自分の髪の毛に異常を感じたなら、早期にAGA(男性型脱毛症)病院へ相談に行くと良いでしょう。病院では医学的見地から見た改善策を指南してもらえるので、症状の進行をストップできる可能性は大きいです。薄毛が原因の心の負担から解放されれば、人生はもっと楽しくなることでしょう!

こちらのコラムも人気です!