皮膚科での薄毛治療ってどんな内容?

薄毛の体質を改善したいと色々行ってきても、なかなかセルフ治療では効果が上がらない人も多いかもしれません。そんな時には、専門医の治療を受けてみるのがおすすめです。まずは、皮膚科に訪れてみてはいかがでしょうか。

薄毛の原因が頭皮にある場合には有効

薄毛の原因としては、食生活の問題、ストレスなどの環境因子、ホルモンバランスの乱れ、頭皮の問題などさまざまです。
皮膚科を受診すると、頭皮の固さのチェックや、頭皮を拡大鏡で見て毛穴の状態などが検査されます。

この時に、頭皮に問題があると判断されると、比較的治療へのアプローチは楽になります。
頭皮の問題として代表的なのは、毛穴のつまりです。その場合は、毛穴に詰まった皮脂の状態をコントロールするために、脂っぽいものを摂取しないような食生活の改善や、アミノ酸系のシャンプーなどの改善が有効になります。

皮膚科によっては推奨するシャンプーを教えてくれるでしょう。また、セルフマッサージなども有効で、その方法も教えてくれるはずです。

皮膚科の中でも薄毛治療を扱うところとそうでないところが

基本的には、髪の毛も解剖学的には皮膚の一部が変化したものとされています。そのため、扱いとしては皮膚科となるのです。
しかし、皮膚科の先生は頭皮や毛髪に関する知識が豊富であるとは限らないため、薄毛治療を行っているところとそうでないところがあるのが現状です。

もし、最寄りの皮膚科に薄毛治療に行くことを考えているのであれば、事前に電話などで確認を行うことをお勧めします。
また、薄毛の原因としては、さまざまな要因があることは既に紹介しました。
その要因によって、治療のアプローチ方法も異なるのです。
もし皮膚科に行くのであれば、大きな総合病院の中にある皮膚科なら、一通りの検査を行った後で、適切な診療科を紹介してもらうことも可能です。

もし皮膚科で解決しない場合にはAGA外来にステップアップの手も

もし、近くに薄毛治療を行っている皮膚科が見つからなかったり、皮膚科では解決できなかったりした場合には、AGA外来に行ってみることもおすすめです。
AGA外来の医師は、発毛や育毛に関するプロフェッショナルであると同時に、発毛や育毛を促進する画期的な薬剤の知識があります。AGAに関する薬剤の分野に特化して研究を行っていなければ、適した治療が受けられない可能性があります。

AGA外来の場合は一般的な病院よりは治療代は高価になってはしまいますが、一人ひとりしっかりと検査をして個人にあった処置を行ってくれるのが特徴です。
特に、薄毛治療のために血液まで採取して詳細な検査してくれるのはAGA外来のみですから、原因を特定して治療に臨めるでしょう。

こちらのコラムも人気です!