ストレスが薄毛の原因って本当?

ストレスと薄毛の関係について

薄毛ストレス

ストレスはメンタルだけの問題だと思っている人が多くいるようです。しかし、実際には身体に様々な悪影響をもたらすことをご存知でしょうか。その一つが薄毛です。
今回は、仕事と家庭のストレスで薄毛が進行するケースを紹介し、その対策方法を考えてみましょう。

仕事のストレスで薄毛が進行するケース

仕事をしていて、ストレスと無縁でいられる人は少ないです。仕事が順調に進まなかったり、職場の人間関係に悩んだりするなど、様々なことが原因でストレスを感じるからです。仕事を辞めればストレスが無くなるかもしれませんが、そう簡単には辞められない人が多いでしょう。我慢して働き続ける場合、ストレスが蓄積し続けることになります。その結果、自律神経のバランスが乱れ、頭皮の組織が弱くなります。その状態が長引くと、栄養が頭皮に行き渡らないようになり、薄毛が進行してしまうのです。
薄毛になると周囲の目が気になり、さらにストレスを感じるケースが多いようです。薄毛を気にしながら働くことにより、以前よりストレスが溜まりやすくなってしまうのです。その結果、さらに薄毛が進行するという悪循環に陥ってしまいます。

家庭のストレスで薄毛が進行するケース

近年は薄毛で悩む女性も増えています。仕事をしている女性だけでなく、専業主婦でも悩んでいる女性は少なくありません。女性の薄毛の原因の一つとして、家庭におけるストレスがあります。
幸せそうに見える家庭であっても、ストレスの原因はいくつも隠れています。掃除や洗濯などの家事を毎日こなす必要があり、子供が小さい場合は育児もしなければなりません。自分の時間が全く持てずにストレスを感じるケースが多いのです。夫が非協力的な場合は、さらにストレスが溜まりやすくなるでしょう。
また、女性だけでなく、男性も家庭でストレスを感じるケースが増えています。疲れて仕事から帰った後に、家事の手伝いを頼まれたり、文句を言われたりすると、ストレスが溜まり薄毛が進行しやすくなります。

日々のストレスを軽減するには?

薄毛お金

薄毛を進行させないためには、日々のストレスを軽減することが重要です。ストレスが溜まっていると、落ち込みやすくなったり、怒りやすくなったりします。そのようにメンタルが不安定な状態だと、ますますストレスを感じやすくなってしまいます。日々のストレスを軽減するには、すでに溜まっているストレスを解消することが重要であるといえます。
そのための手段として毎日簡単に行えるのは、睡眠をしっかりとることです。ストレスを感じるときは脳も疲労しています。メンタルと脳は密接な関係があると言われています。深い眠りについて脳を休ませるとストレス解消に効果があります。その他にも、日々の入浴や食事を工夫することでもストレスを解消できます。それでも薄毛の進行が止まらない場合は、AGAの病院に行って医師に相談してみると良いでしょう。

こちらのコラムも人気です!